バイナリーオプションとFXの違い2

バイナリーオプションとFXの違い2

バイナリーオプションは、株やFX取引と同様に投資商品のひとつです。
ですから、お金を生む事もありますが、逆に一定のリスクを抱えた商品ともいえます。
バイナリーオプション、株、FX取引は、どれも個人投資家に人気の高い商品です。
比較的低予算から行なう事が出来ますし、ネット証券から簡単に取引できるからです。
しかし、これらの商品にも異なった特徴があります。そこで今回は、各々の特徴と違いについて紹介して行きます。

 

1.最低予算の違い。
株、FX、バイナリーオプションの中で、株が最もまとまった資金を必要とします。
最近はミニ株などもありますが、配当金目的などで通常の株を行なう場合でしたら、数十万円は最低でも必要になってきます。
FXにしても、口座に最低数万円は入金しておく必要があります。
その点、バイナリーオプションは手持ち資金が小額でもはじめることがお出来る投資商品です。
各会社により違いますが、50円〜1000円程度からはじめることができます。
バイナリーオプションは、初めての投資の際に、手の出しやすい商品といえます。

 

2.取引ルールの違い
株、FX、バイナリーオプションでは、商品が違いますので、取引のルールにも違いがあります。
株やFXは、ファンダメンタルズやテクニカルの知識が必要です。ロイターニュースを読んだり、とにかく勉強を必要とします。
その点、バイナリーオプションは「円安に動くか」「円安に動くのか」など最初に予想した後は、結果を待つのみです。
シンプルで判りやすいという特徴があります。