FXのリスク

FXのリスク

FX取引は、簡単に参入する事が出来る為、個人投資家やサラリーマン投資家に大人気です。
しかしFX取引も投資商品ですから、リスクを抱えています。
そのリスクをしっかりと把握した上で取引を行うことが必要です。
FX取引の最大のリスクは、思わぬ大損を被る可能性がある点です。
相場が急激に変動した場合、手持ちの資金以上のマイナスを出す事があります。
見る見るうちに損が膨らみ全財産を失うばかりか、それ以上の損を被る場合があるのです。
損切りをしていない場合は勿論、損切りをした場合でもスリッページにより、予想外のところで約定する事があるのです。
ですから、なるべくスリッページの少ない会社に口座開設を行なう事をお勧めします。
システムが安定している会社の方が安心して取引を行なう事が出来ます。

 

また、FXのリスクには、レバレッジもあります。
これは、メリットでもあるのですが、逆に働くと大きな損を被ります。
レバレッジを利かせることで、手持ちの資金が少ない方でも、大きな取引を行なう事が出来ます。
プラスに働いた場合、儲けが非常に多くなります。しかし相場の予想がはずれた場合は、大きな損へと繋がるのです。
つまり、ハイリスクハイリターンなのです。初心者の方でしたら、レバレッジは、2倍程度に抑えておくことをお勧めします。
慎重に投資する事で、息の長いトレーダーになる事が出来るのです。