バイナリーオプション攻略ランキング

フコイダン療法について

フコイダンが注目されるきっかけとなったのが、1996年の第55回日本癌学会において抗癌作用があると発表されたことが大きいといわれています。このためフコイダンを利用して癌を治療するという試みが色々な病院で試されることになりました。これらの多くはすでに手の施しようが無い末期癌の患者に対して行われたようです。

 

通常癌治療においては抗癌剤と呼ばれる薬を使用しながら放射線治療などを行うのが一般的です。放射線というと癌の原因と考える人も多いかもしれませんが、癌細胞を破壊するために放射線を使うことがあるんですね。ただ、放射線を当てるとどうしてもそれ以外の健康な細胞まで破壊、もしくは傷つけてしまうことになるので患者に大きな負担を強いる治療方法となっています。

 

抗癌剤についても同じで、昔から強力な副作用があることで有名です。具体的には患者が強い痛みを覚えるということや、副作用によって頭髪や眉毛などが抜け落ちてしまうということが有名ですね。これらの問題だけでなく末期癌になると治療が期待できないという最大の問題がありました。そのため末期癌の患者に対しては抗癌剤を使用しないケースも多いと聞きます。

 

 

そこで登場するのがフコイダンです。フコイダンははっきりとした効果がわかったわけではありませんが、癌細胞を小さくする働きが見られたのです。もともと体に良い成分ということもあって必ず効果があるものではないけれども少しでも可能性があるならということで医師の中にもフコイダンを勧める人が居たのです。そのためフコイダン療法と呼ばれているんですね。